ドクター・スタッフブログ

田川医師ブログ

鼻整形のよくある質問

田川医師

著者

田川医師

プロフィールを見る

こんにちは、恵聖会クリニックの田川です。
初ブログのテーマを何にしようかと考えていましたが、手術の種類が多く、患者様からも質問が多い「鼻整形」にしました。
鼻で悩んでいるけど、どんな治療をしたら良いか分からないという方にも分かりやすく説明していきますね。

鼻を選んだということは鼻整形が得意なんですか?と聞かれそうなので、最初にお伝えしておきますが、私は手術内容に得意、不得意はないですね。しっかりと提供できる手術しかしませんし、自信のない手術は他のドクターに紹介したりお断りをさせていただくこともあります。
強いて言えば結果、喜んでもらえることができる手術は好きですし、得意です。

私の考える綺麗な鼻についてお伝えさせていただきます。
綺麗な鼻はもちろん好みもありますが、「忘れ鼻」と呼ばれるような鼻が綺麗な鼻と考えています。
忘れ鼻という言葉を聞いたことありますか?
忘れ鼻とは、あの人どういう顔だったかなと思い出した時に鼻の印象がない人の鼻です。
どういうことかというと、鼻が高くもなく低くもなく、鼻先が丸くもなく、小鼻が大きくもなく小さくもなく、適度な大きさ。
そんな存在感のない鼻です。

では本題に戻りまして、鼻の整形は大きく分けてプチ整形と手術に分かれます。
プチ整形の代表的なものは、やはりヒアルロン酸で鼻筋を高くするというものです。
手術は数多くありますが代表的なものだと3つのパーツに分けて考えてもらいます。

鼻整形の手術の種類

鼻の整形手術をする部位

鼻筋・鼻先・小鼻、この3つに分けて、きれいな鼻を作っていきます。

鼻筋について

鼻筋に関しては、プロテーゼ(医療用の人工軟骨)を入れることで高くできます。
太い鼻筋の方は鼻骨骨切り術(骨を切ること)で細くすることができます。

隆鼻術(プロテーゼ)の手術の症例写真

隆鼻術(プロテーゼ)の症例です。
プロテーゼはご希望の高さに合わせてお作りします。鼻根部(鼻の付け根部分)が高くなり、すっと通った鼻筋になりましたね。

鼻を高くする鼻根部の位置設定

一番凹んでいる部分が両目の真ん中くらいだと鼻は低く感じます。この部分を、目を開いたときの上部に設定すると鼻を高くできます。
もちろん高く設定しすぎると、アバター鼻と呼ばれる鼻になるので注意が必要です。もっと高くしたいなら、他にも方法はありますのでご相談ください。

鼻先について

鼻先は鼻尖縮小という手術で細くすることができ、鼻中隔延長手術で鼻先の向きを変えることができます。
鼻中隔延長手術はちょっと大きな手術ですが、それを少しだけ手軽にするとなると、耳の軟骨を鼻先に移動させて頂点を作る耳介軟骨移植という手術があります。

耳介軟骨移植でできる鼻先の向きの種類
鼻中隔延長(耳介軟骨移植)の症例写真

こちらの患者様はプロテーゼに加え、鼻尖形成と鼻中隔延長(耳介軟骨移植)を行いました。
鼻先を自然な感じで下方に伸ばしています。

小鼻について

小鼻を大きくしたいという人はあまりいないので、小鼻を適度な大きさに小さくする小鼻縮小の手術があります。

小鼻縮小手術の症例写真

中間法という方法で小鼻縮小を行った症例です。
中間法は鼻翼(小鼻)内側と外側の一部分を切除し、鼻の横幅や鼻の穴の大きさを小さくする手術です。


この3つのパーツに分けて、手術を組み合わせ綺麗な鼻を作っていきます。

鼻整形で出来ることは、①鼻筋は、高くor細く(わし鼻を治すこともできます)、②鼻先は細く向きを変える、③小鼻は小さくする、ことです。

鼻整形のダウンタイム

手術を受けられる場合、気になるのはダウンタイムですよね。
ダウンタイムは施術の内容と処置の内容によって大きく違ってきます。
1番手軽なのがヒアルロン酸で鼻筋を高くするもの。
稀に内出血が出てしまうことがあり、その場合はお化粧でごまかしてもらう期間はあるのですが、当日からお化粧ができるのでダウンタイムはほぼ無いと思ってもらっても良いと思います。
プロテーゼや小鼻縮小とか鼻先を小さくするものは1週間〜2週間ぐらいのダウンタイムで8割〜9割方は人前に出られると思います。

1番長いダウンタイムっていうのは骨切りです。
骨切りに関しては1ヶ月ぐらいのダウンタイムを見てもらった方が良いと思います。
 
大きく分けるとダウンタイムがほぼないヒアルロン酸と、大体1〜2週間程度の骨切り以外の手術。最後に1番長いダウンタイムの骨切りの手術があると思っておいてください。

鼻整形の傷は目立つのか

さあ、続いて気になる傷跡に関して。
傷跡はやはりどうしてもゼロにはならないので、表に傷口が出るものは、最初は赤みがあります。ただ、その期間はお化粧でごまかしていただいて、時間が経てば鼻に関してはほぼわからなくなります。

鼻は外側に傷口ができない手術が多いので、傷口に関してはそんなに気にならないと思います。

お気軽にご相談ください

鼻の手術に関して具体的にこうしたいっていうのはないけれども 、自分の鼻が嫌だなとか、こうなりたいな、というものがあれば理想のお写真やイメージだけでもいいので持って来て頂ければこちらで良い提案ができると思います。
ぜひ一度カウンセリングにいらしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。次回のブログもお楽しみに。

YouTubeにて解説動画配信中!!

田川医師による鼻整形Q&A、動画でもぜひご覧ください。

このページをいいね!
と思ったら・・・

ドクター・スタッフブログ

  • 覚悟の瞬間
  • メディカルアートメイク
  • 春の痩身治療特集
  • オリジナルカクテル注射・点滴
  • 医療レーザー脱毛
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • ビビーブ
  • ブライダルエステ
  • ドクターズコスメ・サプリメント 公式オンラインショップ
  • モニター募集
  • メルマガ登録
  • スタッフ募集