形・大きさ・色など、コンプレックスを感じている方へ

小陰唇縮小術

小陰唇縮小術とは

小陰唇縮小術とは

女性器の小陰唇に対する悩みは、「左右の形の違い」「大きさ」「色が黒い」の3つがほとんどです。

小陰唇は、尿道や膣の入り口付近にある、女性器のふたの役目をしている部分です。
小陰唇の一般的な大きさは1cm位ですが、大陰唇から大きくはみ出してる場合や、ぶら下がっている場合は小陰唇肥大症の可能性があります。

小陰唇が肥大すると、こすれて痛みを感じたり、色が黒くなりやすいため、縮小手術の適応となります。また、小陰唇が肥大すると、大陰唇と小陰唇の間にアカがたまりやすく、悪臭の原因になる場合もあります。大陰唇縮小術と同時に施術することも可能です。

小陰唇縮小術の手術方法

小陰唇縮小術は、小陰唇の大きさを整える手術です。粘膜と皮膚部の手術になりますので傷跡もほとんど分かりません。通常の範囲でも広範囲でも手術が可能です。全体の形を整えます。

小陰唇縮小術

・手術は完全に麻酔が効いてから行いますので、痛みの心配はありません。
・小陰唇の気になる部分を切除し、形を整えます。
・小陰唇は粘膜・皮膚部の組織ですので、丁寧に縫い合わせることで傷跡はほぼ分かりません。
・手術時間は45分程です。
・手術の数日後にキレイに仕上がったかチェック致します。
・抜糸の必要ない溶ける糸を選ぶことができます。
・女医医師をご希望の患者様は、お気軽にお申し付け下さい。

施術後も、患者の不安には迅速に対応し、施術の経過を見ながら最終的に美しい仕上がりになるまで、しっかりとしたアフターケアを行ってまいりますので、一人で悩まずに、まずはご相談ください。

手術の注意事項

・生理中の治療はお受けいただけません。
・施術翌日からシャワー、1週間後から入浴可能です。
・施術後の性交渉・タンポンの使用は1ヶ月の期間を空けてください。

小陰唇縮小術はこんなあなたにオススメ

小陰唇縮小術はこんなあなたにオススメ

  • 小陰唇縮小術

    小陰唇が大陰唇からはみだしている

  • 小陰唇縮小術

    小陰唇の色が黒っぽい

  • 小陰唇縮小術

    左右の形や大きさが異なる

  • 小陰唇縮小術

    小陰唇が下着などに当たって痛みやかゆみがある

  • 小陰唇縮小術

    小陰唇にあたって尿の飛び方がおかしい

小陰唇縮小術の特徴

小陰唇縮小術の特徴

特徴

傷跡目立たない

パートナーに見られても安心

特徴

女性医師が在籍

男性医師に抵抗があれば女性医師を指名可能

特徴

痛みの心配なし

手術は局所麻酔または静脈麻酔で行うため痛みなし

特徴

溶ける糸選べる

抜糸の必要なし

小陰唇縮小術の料金

小陰唇縮小術の料金

  • ¥150,000〜税抜

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

小陰唇縮小術についてよくある質問

小陰唇縮小術についてよくある質問

  • 手術中・術後の痛みはありますか?

    安藤医師
    回答ドクター 安藤医師

    手術は局所麻酔で行うため、痛みは感じません。ご希望により静脈麻酔をオプションで追加することも可能です。術後2~3日間でほとんどの痛みはなくなります。痛み止め等を処方いたしますのでご安心ください。自転車やオートバイ等の利用は、痛みが伴うため約1ヶ月程度は控えるようにしてください。

  • 出血や腫れはありますか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    術後、2~3日生理出血程度の出血がある場合もございますが、ナプキンを使用してカバーしてください。手術後は腫れますが、除々にひいてきます。ご安心ください。

  • 術後の日常生活で注意点はありますか?

    安藤医師
    回答ドクター 安藤医師

    シャワーや車の運転は翌日より可能です。入浴・自転車の運転は抜糸後から可能です。腫れの悪化や予防のため、飲酒は1週間程度お控えください。