ほうれい線や目元のくぼみ・クマに

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)とは

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)とは

血小板は血液成分の一つで、止血や組織修復に関与します。
出血部位に凝集し止血を行うのが主なる役割ですが、様々な成長因子を放出し組織を修復するのも血小板の働きの一つなのです。
この成長因子の働きを利用して行う治療がPRP療法です。
血小板を注入することにより肌が“傷をつけられた”と錯覚を起こし、「成長因子」の働きによりコラーゲンが増殖され、肌組織が再生されていくという仕組みです。

成長因子の主な働き

EGF(上皮成長因子) 血管の新生、損傷治癒を促進、上皮細胞の成長の促進
FGF(繊維芽細胞成長因子) コラーゲンの産生、ヒアルロン酸の産生、組織の修復
PDGF(血小板由来成長因子) コラーゲンの産生、血管の新生、修復、細胞の増殖
TGF-β(トランスフォーミング成長因子) 損傷治癒を促進、上皮細胞の新生、増殖
VEGF(血管内皮細胞成長因子)  血管内皮細胞の増殖、新生

注入箇所

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

※目の上、目の下、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインは左右で1kitとなります。

【若返りを目指すためのお悩み相談】美容情報TV "きれい"

鬼頭理事長が「若返りを目指すためのお悩み相談」をテーマで出演しました。

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)はこんなあなたにオススメ

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)はこんなあなたにオススメ

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

    目の下のクマが気になる

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

    手軽若返りたい

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

    シワ・ほうれい線が気になる

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

    目の上がくぼんで老けて見られる

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の特徴

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の特徴

特徴

ほうれい線目のくま

老けの原因を幅広く解消

特徴

ダウンタイム短い

腫れにくいからバレにくい

特徴

長期間効果が持続

エイジングケアの効果が長持ち

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の治療の流れ

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の治療の流れ

  1. 診察・カウンセリングをします。

  2. 洗顔又はお拭き取りをします。

  3. 写真撮影をします。(施術前後の効果比較の為です。)

  4. 採血(15~20cc弱)をします。

  5. 麻酔クリーム+麻酔テープの添付します。(約40分)

  6. 麻酔の効果を待っている間、遠心分離器を用いて多血小板血漿(PRP)(又は白血球含有多血小板血漿(W-PRP)を作成します。

  7. 外用麻酔を除去し施術します。

  8. 終了次第、メイクをして帰宅して頂けます。

  9. 術後の腫れについては、2,3日で治まります。 しかし、注入部位により異なり、眼周囲や額は比較的腫れやすく、その他の部位は腫れにくい箇所です。 この腫れというものは、自然治癒力を活性させコラーゲンなどの組織が再生されている証ですのでご安心下さい。

さらに効果的なPRP療法

当院では、2回の遠心分離を行うことにより、従来の1回の遠心分離で行うPRP療法よりも血小板の濃縮率を高め、更に白血球、成長因子を添加することで効果を高めることができます。

従来のPRP療法にはなかった白血球との相乗効果や成長因子の直接効果で、局所での自然治癒力と組織再構築力をPRP単独による治療よりも数段増強させ高い効果を獲得できます。

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

W-PRP療法

PRPの濃縮率を高め、さらに、自分の白血球を分離、添加する方法がW-PRP療法です。
従来のPRP療法よりも、高い効果と早い効果発現が期待できます。

PRPセルリバイブジータ

濃縮率を高めたPRPに成長因子を直接添加することで、さらに高い効果が得られる方法がPRPセルリバイブジータです。
血小板を放出する成長因子だけではなく、追加した成長因子が加わるため肌の再生は大幅に進みます。

白血球
PRP…ほとんど含まない
W-PRP…適量混合
PRPセルリバイブジータ…適量混合
※白血球は細菌、ウイルス、異物、老廃物の除去に関する血液成分です。

成長因子の添加
PRP…なし
W-PRP…なし
PRPセルリバイブジータ…適量混合
※血小板に対して、成長因子を産生し、放出するように指令を出す役割を行っています。

安全性について

自身の血液から抽出した必要な成分を濃縮し、シワやタルミなどに注入することによって自己再生能力を高め皮膚を若返らせるという療法ですので、自然な効果が得られ、理想的な再生医療として注目されています。
またご自身の血液を使用するため、アレルギーなどの心配がほとんどなく、何度でも安心して施術を受けて頂けることも利点です。
美容以外の分野でも、歯科のインプラント治療や潰瘍治療などでも採用されている治療法です。

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の料金

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)の料金

  • 血小板のみ

    1箇所

    新価格

    ¥18,000税抜

  • W-PRP注入療法 (血小板+白血球)

    1箇所

    新価格

    ¥28,000税抜

  • PRPセルリバイブジータ(血小板+白血球+成長因子)

    1キット(例:ほうれい線両側)

    新価格

    ¥90,000税抜

  • PRPセルリバイブジータ(血小板+白血球+成長因子)

    2キット(例:ほうれい線+目の下両側)

    新価格

    ¥150,000税抜

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)についてよくある質問

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)についてよくある質問

  • 年齢で効果に差が出ることはありますか?

    菅野医師
    回答ドクター 菅野医師

    基本的に血小板の働きが正常な方であれば、どの年齢層の方にも効果が高い治療です。

  • いつから効果が出て、持続期間はどのくらいですか?

    安藤医師
    回答ドクター 安藤医師

    他の注入療法と違いすぐに効果が出る施術ではありません。 個人差がありますが、2週間〜3ヶ月程度かけ徐々に効果が出てきます。効果の持続期間は2~3年程度です。

  • 施術は何度も受けられますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    ご自身の血液ですので、何度でもお受けになれます。 ただし、前回治療より短すぎる期間だと治療できない可能性がありますので、事前にご相談ください。

エイジングケアの施術