老けた印象や動物っぽい印象を引き締まった顔立ちに

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)とは

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)とは

生まれつき鼻の下から唇まで(人中)の距離が長い方や、加齢により鼻の下が長くなってしまった方は、しまりがなく緊張感の無い顔に見られたり、老けた印象や動物っぽい印象に見られがちです。
鼻の下の皮膚を切除し、口周りをすっきりさせることにより、間延びした印象を改善し引き締まった顔立ちにする施術です。
鼻の下の付け根の自然な筋を切開するので、傷口はほとんど目立ちません。また皮膚だけでなく筋肉までしっかり切除しリフトアップしますので、後で戻ることを防ぎます。

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)はこんなあなたにオススメ

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)はこんなあなたにオススメ

  • 鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)

    鼻の下が長いのが気になる

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)の特徴

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)の特徴

特徴

半永久的効果

1回の治療でお悩みを解消

特徴

状態に応じた施術方法

現在の状態を診察し、皮膚のみの切除か、筋肉まで処置をするか最適な施術をご案内

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)の料金

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)の料金

  • 皮膚のみ

    ¥250,000税抜

  • 筋肉まで

    ¥350,000税抜

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)についてよくある質問

鼻下短縮術 (人中短縮・リップリフト)についてよくある質問

  • 術後の腫れや痛みはどの程度続きますか?普段の生活に戻るにはどれくらいかかりますか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    個人差はありますが、食事や会話は術後すぐ普段通り行うことができるので、 日常生活に大きな支障はあまりないでしょう。 痛みは、 触れると痛いという程度の事が多いです。 お仕事で人と会話する事が多い方は多少影響が出ることがありますので、 術後1週間くらいはお仕事を休まれたほうが安心です。 腫れは 1週間程度で大きな腫れは引いていきますが、3日間くらいは目立つ事が多いです。 外出時などはマスクを使用するなど、目立たないようにカバーして下さい。

  • 唇が引き上げられることで違和感はありませんか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    唇は粘膜なので他の皮膚よりも敏感です。そして、会話や食事で頻繁に動かすため、術後はしばらく違和感が出る場合があります。突っ張ったような感覚は徐々になくなっていきますが、術前と同じような何も気にならない状態になるまでには6ヶ月かかることもあります。

  • 術後の傷跡は目立ちますか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    鼻下の自然なラインに沿って切開し、専門医による丁寧な縫合をしますので、時間とともに目立たなくなりますのでご安心下さい。

  • どのくらい短くできますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    個人差や状態によりますが、mm単位~1cm程短くすることが可能です。

  • 一度手術を受けていても、もう一度受けることは可能ですか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    状態により再手術可能ですが、一度目の手術より半年以上期間が空いていることが望ましいです。

  • 治療後に何か気をつけることはありますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    飲酒・激しい運動・長時間の入浴は腫れや内出血が強くでる原因となりますので、抜糸まで(術後1週間)控えてください。それ以外の制限は特にありません。