長く突き出たアゴを形成し、美しい横顔へ

オトガイ形成 (アゴ骨切り)

オトガイ形成 (アゴ骨切り)とは

オトガイ形成 (アゴ骨切り)とは

長く突き出たアゴの場合、過長な下顎骨を部分的に切除することであごの形態を理想のフェイスラインに近づけることができます。

レントゲン検査・術前顔面形態の評価ののち、骨切除量を決定します。
手術は口腔内より行い、オトガイ先端部または中央部の骨を切除(中抜き法)するだけでなく切除断端部~下顎骨下縁へのラインをスムーズにつなげるようにトリミングを行うことが重要です。
これにより、より自然なフェイスラインを得ることができます。
また、中抜き法ではオトガイ先端の骨片を固定する際、これを前方または後方にずらすことにより、単にあごを短くするだけではなく、Eライン(エステティックライン)を改善することが可能です。

オトガイ形成 (アゴ骨切り)はこんなあなたにオススメ

オトガイ形成 (アゴ骨切り)はこんなあなたにオススメ

  • オトガイ形成 (アゴ骨切り)

    アゴが長く突き出ている

  • オトガイ形成 (アゴ骨切り)

    綺麗なEラインにしたい

オトガイ形成 (アゴ骨切り)の特徴

オトガイ形成 (アゴ骨切り)の特徴

特徴

傷跡の心配なし

口腔内からアプローチするため傷跡はわからない

特徴

入院の必要なし

体への負担を最小限に

特徴

横顔美人

理想のEラインへと整える

オトガイ形成 (アゴ骨切り)の料金

オトガイ形成 (アゴ骨切り)の料金

  • オトガイ(アゴ)骨切り

    ¥700,000税抜

  • 拡大オトガイ(アゴ)形成

    ¥900,000~税抜

※別途、麻酔代¥100,000が必要です。

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

オトガイ形成 (アゴ骨切り)についてよくある質問

オトガイ形成 (アゴ骨切り)についてよくある質問

  • 術後、すぐに普通の生活は送れますか?

    宮里院長
    回答ドクター 宮里院長

    手術直後は、腫れによって話し辛さや食事の飲み込みにくさなどを感じる場合があります。個人差はありますが、2~4週間程度で腫れがひいていくと同時に、徐々に違和感がなくなり自然な会話や食事ができるようになります。

  • 骨を切った施術後は、何か後遺症があったりしますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    手術直後に、一時的に腫れとともに口唇〜下顎の知覚鈍麻などが生じることがありますが、大体の方は3~6ヶ月で治まります。それ以外の方も時間経過とともに治まってきます。

  • 術後の腫れや痛み、傷跡が心配です。

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    個人差がありますが、術後の腫れや痛みは、いずれも2~4週間程度は出る方が多いです。痛みについては、痛み止めを処方しておりますのでご安心下さい。腫れについては、腫れがひくまで強い衝撃などは避け、安静にしてください。傷跡については、施術は口の中から行いますので、傷跡が目立ち、人目に付くことはありません。

フェイスラインの施術