若々しく健康的な印象へ

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)とは

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)とは

ホホやコメカミがくぼんでいると、疲れた印象を与え、実際の年齢より老けて見えてしまいます。脂肪注入法は、ご自身の脂肪をホホやコメカミのくぼんだ部分に注入します。
気になる体の部位の脂肪を吸引して注入し、若々しい健康的なフェイスラインを取り戻すことができます。
一度注入した脂肪は局所に残るため、効果を長く実感することができます。
脂肪を吸引する部位に関しては、個人差がございますので詳しくはドクターにご相談ください。

定着率をより高める為に、自分自身の脂肪細胞にPRP(自己多血小板血漿注入療法)や成長因子を追加する治療(再生医療)も可能です。

症例

症例

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

¥200,000

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

【リスク・副作用】
腫れ・浮腫・内出血・感染症・血腫
※術後のフォローは、しっかりと責任を持って治療いたします。

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)はこんなあなたにオススメ

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)はこんなあなたにオススメ

  • 脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

    ホホがこけてきた

  • 脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

    こめかみがくぼんできた

  • 脂肪注入法(ホホ・コメカミ)

    ふっくらとしたフェイスラインにしたい

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の特徴

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の特徴

特徴

自分自身の脂肪

ご自身の脂肪を注入するのでアレルギーの心配がなし

特徴

定着率が高い

血液循環の良いホホは脂肪の定着率が高い

特徴

半永久的な効果

生着した脂肪は半永久的に残るため定期的な治療は不要

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の治療の流れ

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の治療の流れ

  1. まずはカウンセリングを受けて頂き、どの部位から脂肪をとり、どこに注入するか手術内容を説明します。 超音波エコーで気になる脂肪層を見る事ができます。

  2. 脂肪をとる部位が広範囲の場合、血液検査が必要です。

  3. 通常は局所麻酔で行いますが、吸引範囲が広くなると、全身麻酔や静脈麻酔の適応となる場合もあります。

  4. 吸引部分はトゥーメセント法で行いますので、凸凹になる事はありません。 取り出した脂肪は、脂肪幹細胞を多く含む部位を精選し、注射で注入します。 血液循環の良い顔のホホは、特に定着率が良く効果的です。

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)
脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の料金

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)の料金

  • 各部位

    ¥200,000税抜

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)についてよくある質問

脂肪注入法(ホホ・コメカミ)についてよくある質問

  • ヒアルロン酸と脂肪注入はどちらが良いのですか?

    菅野医師
    回答ドクター 菅野医師

    ヒアルロン酸と脂肪注入には、どちらもメリット・デメリットがあります。まず、ヒアルロン酸はメスを使わず短時間で手軽に出来ます。しかし、時間経過とともヒアルロン酸は馴染んで体内に吸収されるので、最初に注入したヒアルロン酸は半年ほどで馴染んでボリュームがなくなってくると感じる事が多いです。しかし、馴染んだ状態で5年ほど吸収されずに残るので、2〜3回注入を繰り返すとヒアルロン酸が積み重なっていき長持ちするようになります。脂肪注入は永久的な効果があります。しかし、注入した脂肪は一部が吸収されるため最終的に約半分程度しか定着して残りません。このため一度の注入では不十分なことがあり2〜3回と繰り返す場合もあります。当院では、専門医がメリット・デメリットをふまえて、患者様に合った方法をご提案します。

  • 術後、違和感を感じたり頬が硬くなったりする事はありますか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    個人差はありますが、施術直後に少し固く感じられる事があります。注入した脂肪は2~3ヶ月の間に、半分は体内に吸収され、半分は馴染んだ状態で残ります。その間に、吸収される脂肪により少し違和感を感じるということがありますが、他人から見て不自然に見えることはありませんので、ご安心ください。

  • 注入するための脂肪は、痩せていたら取れませんか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    顔に脂肪を注入する量にもよりますが、必要な量は少しの量でいいので、よほど痩せていらっしゃらなければ、太ももや二の腕から十分に取る事は可能です。カウンセリングで専門医が適切な判断をいたします。

  • 注入した脂肪がなくなってもとに戻ることはありますか?

    菅野医師
    回答ドクター 菅野医師

    個人差はありますが、注入した脂肪の定着率は、通常約半分〜6割程度です。この定着した脂肪は、半永久的に残ります。体に吸収されてしまう分も考慮して、少し多めに脂肪を注入することも可能ですが、施術直後に不自然なってしまう事もあります。専門医と十分に相談した上で、注入量を決める事をお勧めします。

フェイスラインの施術