index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1
Face

【アゴ】アゴを前に出す

アデノイド顔貌など顔の中心の一部であるアゴが引っ込んだ状態の方は、少し前に出すだけでスッキリとシャープな顔立ちになることができます。

アデノイド顔貌(アデノイドがんぼう)とは、二重顎、または下顎が引っ込んだ状態となり顎がほとんどない状態で、特に日本人に多くみられるようなった顔つきのことです。また、口呼吸をする方に多く見られ、口呼吸する事で顔の筋肉が弛緩し、口をいつもぽかんと開いているような人の顔つきなります。
短く、引っこんだアゴは、貴女自身のアゴの形に合わせて人口軟骨(プロテーゼ)を挿入する事でアゴを前に出し、すっきりした引き締まった顔立ちになる事ができます。
口の中の粘膜を1cm切開するだけなので傷口も分かりません。また、骨膜下へ入れる事で、ぐらぐらと動くこともなく、さわっても分らない自然な仕上がりとなります。
術後は3日間のテープ固定をします。

治療例

隆鼻術+アゴの形成

隆鼻術とアゴの形成の症例写真 隆鼻術とアゴの形成の症例写真 モニター体験談紹介中
ネット予約 メール相談
料金のご案内

【アゴ】オトガイ部骨切り術

長く突き出たアゴの場合、過長な下顎骨を部分的に切除することであごの形態を理想のフェイスラインに近づけることができます。

レントゲン検査・術前顔面形態の評価ののち、骨切除量を決定します。
手術は口腔内より行い、オトガイ先端部または中央部の骨を切除(中抜き法)するだけでなく切除断端部~下顎骨下縁へのラインをスムーズにつなげるようにトリミングを行うことが重要です。
これにより、より自然なフェイスラインを得ることができます。
また、中抜き法ではオトガイ先端の骨片を固定する際、これを前方または後方にずらすことにより、単にあごを短くするだけではなく、Eライン(エステティックライン)を改善することが可能です。

隆鼻術+オトガイ形成術

症例写真ブログはこちら
ネット予約 メール相談
料金のご案内

【コメカミ】コメカミ形成術(インプラント)

やせたり、加齢とともにコメカミがくぼんでしまうと、年齢以上に老けてみえたり、疲れてみえたりします。
くぼんだコメカミをふっくらさせて若々しいコメカミラインと取り戻すことができます。

やせた女性の場合、年齢とともにコメカミと頬が次第にこけてきてホホ骨のまわりのみ張り出してくる傾向があり、年齢よりも老けて見え、貧相な印象を与えます。
頬の場合は貴女自身の脂肪を注入する事でふっくらとする事が可能ですが、コメカミの場合脂肪注入をしても、頬に比べて定着率が低くなります。
確実にコメカミをふくらませて、若々しさを取り戻すには、インプラントを挿入する方法があります。
髪の内側2~3cmの切開し、骨膜下に挿入しますので傷跡も髪の内側になり分りません。 インプラント挿入・脂肪注入
ネット予約 メール相談
料金のご案内

【えら】えら削り(下顎の輪郭形成術)

えらの張った四角張った顔は、きつい印象があり、皮下脂肪や筋肉(脂肪吸引ボトックス)だけでは小顔になれない人は、下顎角骨の形成を行い、横幅を小さくすることで、憧れの小顔になれます。当院では、顎・顔面外科の専門医が施術します。

エラ(下顎角骨切り)削りは、顔の下1/3の横幅を減少せさる事が目的で、えらの張ったホームベース型の輪郭を卵型に変える手術です。
下顎角のみでなく、下顎体部から下緑にかけて、外側に張り出した骨を小さくする事で、横顔だけでなく、正面から見た顔の下1/3を小さく見せることが出来ます。
筋肉(咬筋)の発達した人も、手術をする事で萎縮し小さくなります。又口角の横がふっくらしている人は、同時に頬脂肪(バッカルファット)も摘出します。
手術は口腔内より行い、術前にはレントゲン検査、術後は圧迫用バンテージが必要となり、開口訓練をしてもらいます。
さらに詳しく
ネット予約 メール相談
料金のご案内

【ホホ】頬骨形成術(ホホ骨削り)

ホホ骨が張っていると、横に顔が大きく見えたり、ホホがこけて見えます。ホホ骨には、前方の頬骨体部と側方弓部があり、この突出した部分を形成する骨で、顔の横幅を縮小させ小顔にする事が出来ます。

頬骨(ホホ骨)は、頬骨体部(前面)に突出した骨と、弓部(側面)に突出した骨に対し行う事で、より小顔になる効果的な方法です。

(1)頬骨体部(前面)
口腔内よりアプローチをし、頬骨前面から眼窩下縁~外側縁まで剥離して、頬骨体部を曲面のまま骨の厚みを細くしていきます。

(2)頬骨弓部(側面)
口腔内と耳の上2~3cmの切開の2方向からアプローチします。2ヶ所で骨切りを行い、突出した弓部を内側に転位します。
骨膜は温存するので、ワイヤーなどは使用せず、頬の幅を狭くします。
- 頬骨体部(前面) - - 頬骨弓部(側面) -

エラ削りと同様に、頬骨削りをした場合、しっかりとした効果を出す為小顔にすると、その人の皮膚の状態や年齢により、タルミが予想される場合もあります。
そうした場合、同時に頬のリフトアップを施術した方が頬のタルミが引き締まり、一層小顔が効果的になる場合があります。
X-P写真検査後、専門医が詳しく説明をします。

治療例

ホホ骨削りの症例写真

頬骨削り+エラ~アゴの骨切りによる輪郭形成手術

症例写真ブログはこちら
ネット予約 メール相談
料金のご案内

美容専科”きれい”でフェイスラインについて取り上げました

【理想の輪郭になるために】