ダウンタイムなしでしわ・たるみの改善!

ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスとは

ウルトラセルQプラスとは

ウルトラセルQプラスは、高密度焦点式超音波(HIFU)を照射し、たるみの原因であるSMAS(表情筋筋膜)へピンポイントに熱を与えることで、タンパク質が凝縮され、一気にリフトアップすることのできる医療機器です。
また、HIFUテクノロジーは脂肪細胞を破壊・排出を行い部分的な引き締め効果も期待できます。施術後、熱エネルギーによって傷ついた部分を治す働きによりコラーゲンが生成され、お肌にハリが出る効果も得ることが出来ます。

ウルトラセルQプラス本体と3つのカートリッジの画像
皮膚断面のイラスト
ウルトラセルの効果を表す肌の断面図

特徴

ウルトラセルQプラスは、従来のウルトラセルのHIFU照射ポイントである4.5mm・3.0mmに加え、1.5mmの3層の深さの細胞に熱を与えることが出来ます。そうすることで深い層から浅い層まで全ての層に熱エネルギーを加えることが可能になり、よりリフトアップ効果が期待できます。1ショットの照射スピードも短くなり、より短時間で痛みも少なく施術を受ける事が可能になりました。

ウルトラセルQプラスの3種類のカートリッジによる照射の深さを示す図
症例

症例

顔全体

¥98,000

ウルトラセル qプラス リフトアップ たるみ改善 大阪 hifu 症例
ウルトラセルQプラス

【リスク・副作用】
火傷・赤み・浮腫

ウルトラセルQプラスはこんなあなたにオススメ

ウルトラセルQプラスはこんなあなたにオススメ

  • ウルトラセルQプラス

    ほほやフェイスラインのたるみが気になる

  • ウルトラセルQプラス

    ほうれい線やマリオネットラインのしわを改善したい

  • ウルトラセルQプラス

    切らずにたるみを治療したい

ウルトラセルQプラスの特徴

ウルトラセルQプラスの特徴

特徴

お肌にハリが出る

術後の肌を治す働きによりコラーゲンが生成されお肌のハリに効果的

特徴

高いリフトアップ効果が期待できる

深い層から浅い層まで全ての肌の層に熱を入れる

ウルトラセルQプラスの治療の流れ

ウルトラセルQプラスの治療の流れ

  1. 治療前に気になる部位やお肌の状態を診察し、治療に適している状態かをチェックします。またその際、施術の効果や治療の流れ、アフターケアなどについても詳細に説明します。

  2. メイクをしている場合はクレンジングでしっかりとメイクを落とします。首の場合も、皮脂や汚れを落とした清潔な状態にします。

  3. 照射ジェルを塗布し、照射します。

    ウルトラセル qプラス リフトアップ たるみ改善 大阪 hifu
  4. 治療後ジェルを拭き取ります。お顔の場合は洗顔します。施術後すぐにメイク可能です。

ウルトラセルQプラスの料金

ウルトラセルQプラスの料金

  • 顔~アゴ下

    新価格

    ¥98,000税抜

  • 顔〜首

    新価格

    ¥120,000税抜

※ウルトラセルQプラス+PRPセルリバイブジータを同日に施術される方は、セルリバイブジータが1キット半額の¥45,000になります。
※ウルトラセルQプラス リニアファーム(小顔)と同時施術で、リニアファーム(小顔)が¥30,000になります。
※女医の施術をご希望の方は、+¥30,000になります。
※ウルトラセルQプラスの施術を受けていただいた方は、キレーション点滴以外の点滴を半額で受けることが出来ます。

料金改定のお知らせ

2019年2月1日より、ウルトラセルQプラスをたくさんの方に受けていただくために、料金改定を行いました。
※昨年(2018年)に配布しておりました『リピート施術限定割引チケット』をご使用の際は、旧価格での適用となりますので、予めご了承ください。
【旧価格】
顔全体(1回)¥120,000/税抜
顔〜首(1回)¥150,000/税抜

お気軽にお問い合わせください。

  • 初めてお電話される方

    0120-14-5620

    10:00 - 19:00

  • 心斎橋院

    06-6252-5650

    10:00 - 19:00

  • 京橋院

    06-6242-5620

    10:00 - 19:00

ウルトラセルQプラスについてよくある質問

ウルトラセルQプラスについてよくある質問

  • 施術中に痛みはありますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    痛みは個人差がありますが、施術中はわずかに熱感があります。しかし、ほとんどの患者様が我慢できる刺激ですのでご安心ください。

  • ダウンタイムはありますか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    ダウンタイムはほとんどありません。施術後にお化粧をして帰っていただくことも可能です。稀に施術部位に赤みがのこることがありますが、数日以内に治まりますのでご安心ください。

  • 効果を保ちたい時はどのくらいの頻度で受けるといいですか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    半年から1年間を目安に継続して治療を受けていただくと、より持続的な効果が期待できます。

  • 脂肪溶解用のリニアカートリッジは、何回ぐらい受けるのがいいですか?

    天木医師
    回答ドクター 天木医師

    はい、受けられます。同時に施術を受けられる場合は、リニア照射を行う深さの部分のみ、ドット照射は行いません。

  • たるみのウルトラセルQプラスを受けたいのですが、その後に脂肪溶解用の方も受けられますか?

    鬼頭理事長
    回答ドクター 鬼頭理事長

    たるみのドット照射を受けた後、2週間をあけていただければ脂肪用のリニア照射も受けることができます。

フェイスラインの施術

  • 覚悟の瞬間
  • メディカルアートメイク
  • 夏肌リセット&エイジングケア特集
  • オリジナルカクテル注射・点滴
  • 医療レーザー脱毛
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • ビビーブ
  • ブライダルエステ
  • モニター募集
  • スタッフ募集
  • メルマガ登録
  • ドクターズコスメ・サプリメント 公式オンラインショップ