ナチュラルホルモン補充療法

ホルモンとは

ホルモンは体の中で産生され、体内の器官にどのように機能するかと命令します。
脳以外でも、甲状腺、副腎、卵巣、精巣等から分泌され、お互いにバランスを保ちながら作用しています。
主な働きは体温・生殖・成長・免疫・睡眠等、様々な機能を制御し、調整しています。
加齢によりホルモン分泌が低下しますと、老化徴候が現れます。
疲労、筋力の低下、心疾患、肌の衰え、肥満、ガン、脳血管障害等。

ナチュラルホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、究極のエイジングケア

体質や加齢によって、減少しているホルモンを、20〜30代の分泌量まで、薬で補う治療です。
1〜2種類だけのホルモンを補うのではなく、低下している全てのホルモンを補充することにより、全身の機能を高めます。
ホルモンバランスをより若い年齢の時の状態に戻すことにより、見た目だけでなく、体の中から若返る、理想的な治療です。
(大げさではなく究極のエイジングケアになります。)
当院ではナチュラルホルモン(バイオアイデンティカルホルモン)による補充療法を行っております。

実は怖い!合成ホルモン

合成ホルモンは、体の中にあるホルモンに似てるので、作用は似ていますが、化学構造式が違い、異なった作用があります。
従来のホルモン補充療法では、合成ホルモンが使用されておりました。
頻発していた副作用は化学構造式の違いによるものです。
合成ホルモンは、種類によっては癌化など、怖い副作用が指摘されています。
それ以外にも、体調不良を訴える様な副作用がたくさんあります。

安全なナチュラルホルモン

ナチュラルホルモンとは、元々、体の中に生まれながらにあるホルモンと全く同じ化学構造式のホルモンです。
日本で保険で処方されるホルモン剤は、ほとんどが合成ホルモンです。
馬や牛など天然由来であっても、構造式が異なれば合成ホルモンとなります。
(馬や牛にはピッタリのホルモンですが、人間に合うとは限りません。)
最近まで、日本では入手困難となっていましたが、当院ではFDA(米国食品医薬品局)の認可のあるナチュラルホルモン剤を取り扱っています。

効果

代表的なものとして、更年期障害に対して非常に効果的かつ安全な治療です。

その他にも、
●月経時痛が酷い
●元気がない、夜寝付けない
●肌のつやが減ってきた
●内蔵脂肪が増えてきた  など
男性にも効果があります。
●筋力が落ちてきた
●内蔵脂肪が増えてきた
●性欲減退(ED含む)
●気分のムラ
●活力の減少
更年期障害

ホルモンの役割

エストロゲン

(卵胞ホルモン)

欠乏による症状
子宮萎縮、失禁、肌・乳房のたるみ、顔のシワ、疲労感、うつ、気分のむら、性欲減退
疾病予防効果
心臓病、脳卒中、骨粗鬆症、アルツハイマー病、黄斑変性症、白内障、大腸がん
プロゲステロン

(黄体ホルモン)

疾病予防効果
子宮がん、乳がん、骨粗鬆症、卵巣嚢胞、冠動脈疾患、PMS(月経前症候群)の緩和、更年期症状の改善
テストステロン 筋肉量増加、運動能力改善、骨密度増加、コレステロール低下、体脂肪減少、記憶力の改善、性欲・性機能の改善、肌トーン改善
DHEA

(デビドロアンドロステロン)

内臓脂肪・コレステロール減少、心臓病・糖尿病リスク低下、骨粗鬆症予防、骨密度上昇、免疫活性化、性的活動性向上・ED改善、気分の改善、疲労感・記憶力改善、老化プロセスの減速(動物実験)
サイロイドホルモン

(甲状腺ホルモン)

痩身(コレステロール低下、脂肪・体重の減少)、心臓病・認知症・肥満の予防
ヒューマングロースホルモン

(ヒト成長ホルモン)

コレステロール低下、脂肪・体重の減少、創早期治癒・臓器再生、活力の向上、気分の改善、性欲改善、筋肉量・骨量の増加、免疫活性化
メラトニン 睡眠の質の向上、不眠症改善、免疫機能の向上、気分の改善
プレグネノロン 脳の活性化(記憶力と集中力の向上)、疲労回復、気分向上

治療の流れ

step1カウンセリング・採血

step2米国医師の診断

※米国へ診断書を送付しての診断になりますので、1カ月程度のお時間をいただきます。
ルージェ医師

コンサルト医師
ニール・ルージェ
(NEAL ROUZIER M.D.)
(Queen of the Valley Hospital in West Covina)
バイオアイデンティカルホルモン療法専門医。
現在Preventive Medicine Clinics of theDesert/PMC
(Palm Spring,California)の医師ディレクターを務める。

step3投薬方針の決定

※ルージェ医師の診断のもと、ナチュラルホルモン講習を修了した当院の医師が患者様に最適にカスタマイズした処方を行います。

step4投薬スタート

step5フォローアップ

費用について

お薬やコンサルティングは、米国Drによる取扱いになりますので、料金は為替相場の変動により多少変わります。

採血について
初回は、総合的な判断のため、各種採血検査を行います。
症状によっては保険の適用となります。

薬代について
体の状態により、数種類のホルモンを投薬します。その含有量や種類によって、費用は変動します。

処方について
処方は1〜3カ月毎に行います。
検査は、ホルモン量が安定するまで、約45日後くらいに再度行い、3ヶ月後の処方の判断となります。
安定すれば1年に1回の総合的な血液検査のみとなります。

料金はこちら
クリニックメニュー
0120-14-5620 心斎橋院 06-6252-5650 京橋院 06-6242-5620
© Keiseikai Clinic. All Rights Reserved.