美容外科,大阪

index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1
Skin

美白・くすみ・シミ
   
  20代以降になると、肌の老化はどんどん進んでいきます。
紫外線による光老化や、女性特有のホルモンバランスにより現れるシミもその老化のひとつです。 シミは、その原因や種類によって治療方法が様々です。当院では皮膚科専門医によるカウンセリングを行い、適切な治療方法をアドバイス致します。
 
老人性色素斑
特徴大きさや色調は様々で、比較的境目がはっきりとした褐色の色素斑
場所・原因ホホやこめかみによくでき、紫外線による老化が原因
治療方法 QスイッチYAGレーザー&ルビーレーザー
CO2レーザー
フォトフェイシャル・フォトRF(オーロラ)

雀卵斑(そばかす)
特徴米粒大くらいまでの小さな褐色の色素斑
場所・原因鼻をまたいで両ホホによくでき、遺伝性で青年期よりみられる
治療方法 QスイッチYAGレーザー&ルビーレーザー
フォトフェイシャル&フォトRF(オーロラ)

炎症後色素沈着
特徴その原因により大きさや色調は様々で、比較的境目がはっきりとした褐色の色素斑
場所・原因すり傷ややけど、ニキビなどの炎症が原因でできるシミのような状態
治療方法 メドライトC6レーザー
内服薬・外用薬・ホームケア
イオン導入

ADM(後天性メラノサイトーシス)
特徴小豆大くらいまでの、境目が不明瞭な、やや灰青色がかった褐色の色素斑
場所・原因目の下~ホホ上部にかけ、左右対称に存在する点で、紫外線やホルモンバランスが崩れることが原因の1つと言われています。
治療方法 QスイッチYAGレーザー&ルビーレーザー
 
肝斑
特徴鶏卵大ほどの、境目のはっきりしない褐色の色素斑
色の濃い部分や薄い部分が入り混じっていることが多く、どこからどこまでが褐色なのかよく分からないことが多い
場所・原因両ホホ骨の周りからホホにかけて左右対称にできることが多く、女性の場合、妊娠・出産やピルの服用などを契機にホルモンのバランスが崩れることにより起こり、紫外線や不適切なクレンジング、マッサージなどにより悪化します。
治療方法 メドライトC6レーザー
内服薬・外用薬・ホームケア
イオン導入
シミのタイプによって、メラニンの存在する深さや原因が異なるため、治療方法も当然異なります。
また、複数の種類のシミが混ざっていたり、実は悪性腫瘍だったということも少なくありません。
当院では、まず皮膚科専門医による診察後、適切な治療を受けて頂いております。

ブライダルエステ