隆鼻術(プロテーゼ)

鼻が低いと目と目が離れた印象があったり、全体的に平面的な顔立ちとなります。
医療用のプロテーゼ(インプラント)を使って鼻を高くする隆鼻術がもっともポピュラーな隆鼻術です。
貴女の希望の高さや幅に合わせて作成するインプラントなので、スッキリと鼻筋の通った顔立ちになります。
また、人工物に抵抗のある方には、自分自身の組織(主に耳介軟骨や肋軟骨)を移植して行うこともできます。

治療の流れ

隆鼻術(インプラント)
  • 希望される鼻の高さや幅に応じて、I 型、L 型、およびJ 型( I と L の中間)の形をしたプロテーゼにさらなる微細な調整を加えて、オリジナルのプロテーゼを作成します。
  • 局所麻酔の後、鼻の穴(内側)を数ミリ切開し、骨膜下にプロテーゼを挿入します。
    (骨膜下に入る事で、ぐらぐらと動いたり、さわって分かる事はありません。)
  • 手術時間は15~20分ぐらいです。
    術後3日間テープ固定が必要です。(腫れや歪みを防止する為)
    傷跡は鼻の穴の中なので、抜糸後は、全くわかりません。

施術例

<隆鼻術>

隆鼻術(インプラント)の施術例 モニター体験談紹介中

<隆鼻術+アゴの形成>

隆鼻術(インプラント)の施術例

<隆鼻術+オトガイ形成術>

症例写真ブログはこちら

<ヒアルロニダーゼ注射+隆鼻術>

症例写真ブログはこちら

<隆鼻術+鼻尖縮小術>

症例写真ブログはこちら

<隆鼻術+鼻尖縮小術+鼻翼縮小術(外側法)>

症例写真ブログはこちら
料金はこちら

よくある質問はこちら

プチ整形(ヒアルロン酸注入法)

手術にはどうしても抵抗があるけど、誰にも気付かれずに鼻を高くしたい!
鼻筋を整えたい!という方におすすめのプチ隆鼻術です。
ヒアルロン酸には、「ボリューマXC」「クレヴィエル」「レディエッセ」などがあります。

【鼻のヒアルロン酸注射(隆鼻注射)】
※画像をクリックで動画をご覧いただけます。

Hy(ヒアルロン酸)注入法

プチ整形(ヒアルロン酸注入法) ヒアルロン酸は元々体内にある成分です。
またメスを使わないので、腫れや痛みも殆ど無く、施術後お化粧をして帰れます。効果もその場で確認ができ、気軽に受けていただけるプチ整形です。
(通常6ヶ月~1年以内に全て吸収されるので、安全性も高いと言えます)

当院で使用するヒアルロン酸

元々人工関節液などに使用されていたヒアルロン酸は約1週間で吸収されてしまうものでしたが、架橋を作成して数ヶ月持続するよう開発されてから、プチ整形として美容目的で広く使用されています。
ヒアルロン酸には、たくさんの種類があり、その一部に製造過程が不明な製品も出まわっています。
そうした製品は当然、原価も安く流通していますが、当院では、一切使用しておりません。

当院ではジュピダームやレスチレンなどFDA認可のヒアルロン酸を主に使用しています。

ジュビダームビスタ ボリューマXC

ジュビダームビスタ ボリューマXC 従来のヒアルロン酸に比べ、リフトアップ力に優れ効果が長期持続し、水を吸収しにくく自家組織になじみやすいため、頬(ホホ)・こめかみ・額に注入することで美しく自然なフェイスラインへ導きます。厚生労働省より品質・有効性・安全性を承認されたヒアルロン酸です。
ジュビダームビスタ ボリューマXCの注入に適した部位
ジュビダームビスタ ボリューマXC

加齢によってボリュームが減少ししぼむことで皮膚がたるみ、それが原因でシワが出来ます。しぼんだ部位に「ボリューマXC」を注入することで、ボリュームアップとリフトアップ効果でシワが改善されます。

効果が約2年持続する高い「持続性」があります。
高い「成形性」で注入直後に理想の形を実現しやすい。
「低吸水性」に優れ、水を吸収し膨張して仕上がりが変わることを防ぎ、注入時にのイメージに沿った状態を保つことが出来ます。
「弾性」と「凝集性」が高く、皮膚の上から触れた時にでこぼこせず、ボリュームアップに適したリフト力を発揮します。
自家組織となじみやすく、注入後コラーゲンが生成され表情に合わせた自然な仕上がりになります。

クレヴィエル注入法

クレヴィエル 世界一濃度が高い50mg/mlのヒアルロン酸製剤で、鼻を高くしたり、アゴを整えるのに有効な、長期持続型注入剤です。
ヒアルロン酸の中で、濃度50mg/mlであり、圧倒的に濃度が高いのが特徴です。
横に流れづらいので、鼻やアゴの形成に向いています。
持続期間は12~15ヶ月と長いです。
純粋なヒアルロン酸なので、ヒアルロンダーゼで溶かすことも出来ますので、
どうしても元に戻したい方も、安心して注入できます。

レディエッセ注入法

レディエッセ 通常のヒアルロン酸注入よりも、持続効果が2~3倍長く、鼻を高くしたり、アゴを整えるのに有効な長期持続型注入剤です。
素材は、「カルシウムハイドロキシアパタイト」を使用し、歯や骨を形成する成分で、異物反応がなく、米国FDAから認可もおりています。
持続期間は1年半~2年ぐらいです。

「アクアミド」や「ダーマライブ」という商品を、半永久的とうたい、診療しているクリニックがありますが、米国FDAに認可されていません。
他院で注入して異物反応を起こし、摘出手術に至った方も何人か来院されているので、必ずプチ整形で「半永久的」という代物には、何を使っているのかを確認して安易に施術しないようにしてください。

施術例

当クリニックの看護師が、プチ整形で鼻筋を高くしました。
注入量0.5ccで、すっきりした鼻筋になりました。

レディエッセ注入法の施術例
料金はこちら

よくある質問はこちら

BNLS neo

BNLS neoは、従来のBNLSに有効成分である【デオキシコール酸】を配合し、さらに脂肪除去効果が向上した「脂肪溶解注射」です。
植物成分で、脂肪を融解してくれる副作用の無い注射です。
それを利用して、小鼻の脂肪部分に入れて、大きな鼻を小さくしすっきり改善します。
鼻を高くするわけでも、切るわけでもなく、横にある無駄な肉をとるといった感じになります。
また、効果が現れるも早く、わずか3日程度ほどで、実感できます。
当院では、鼻翼(小鼻)へのBNLS注射が可能となっています。

BNLSとは

メディカル ダイエット 外来 BNLS 新しい「脂肪溶解注射」であるBNLS注射は、顔やボディの余分な脂肪によるたるみを引き締める効果があり、ダイエットしてもなかなか落ちにくい顔の脂肪にも素早く作用するため、小顔効果を最短3日ほどで実感でき、次の治療も1週間程度の間隔で行えます。
さらに、脂肪分解作用・肌の引き締め作用・リンパ循環作用という3つの作用により、血液やリンパの流れを整えて溶かした脂肪や溜まった老廃物を体外へ排出し、わき腹・下腹・太ももなど気になる部分を引き締めます。
BNLSは、植物由来成分を主成分としておりますので、体への負担が非常に少なく腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないのが特徴です。
施術例
BNLS,鼻,恵聖会
料金はこちら

よくある質問はこちら

鼻尖形成

ダンゴ鼻と呼ばれる鼻先(鼻尖部)が丸くて厚い人は、鼻先の軟骨とその周辺の組織が関係しています。
隆鼻術(インプラント)でスッキリとした鼻筋を通すことができますが、鼻先の厚みや幅が気になる方には鼻尖縮小術が効果的です。

「鼻先が丸くて厚い」「ダンゴ鼻を治したい」という悩みの方は、鼻先を小さく細くする事ですっきりとする鼻尖形成術があります。
鼻先をすっきりさせる為に、左右の鼻の穴の内側切開から、鼻先の皮下組織と軟骨を一部除去し、広がった左右の広がった鼻翼軟骨を中央に引寄せて固定することで、細くてスマートな鼻先となりダンゴ鼻は改善されます。
切開は鼻の中から行いますので、傷はほとんど分りません。

鼻尖形成

施術例

鼻尖形成の施術例 モニター体験談紹介中

<隆鼻術+鼻尖縮小術>

症例写真ブログはこちら 症例写真ブログはこちら

<隆鼻術+鼻尖縮小術+鼻翼縮小術(外側法)>

症例写真ブログはこちら
料金はこちら

よくある質問はこちら

鼻翼縮小

小鼻(鼻翼)が横に張り出し、鼻の穴が大きく目立つ「あぐら鼻」で悩んでいる方は鼻翼縮小術で小鼻を小さくすっきり改善することができます。
鼻翼の張り出し方に応じた手術方法があります。

鼻翼縮小術は、鼻翼(小鼻)を一部、デザインを考慮して切除し、鼻の横幅や鼻の穴の大きさを小さくする手術です。
鼻翼の内側のみを切除する方法(内側法)、内側から外側まで連続して最大限に小さくする方法(外側法)、内側と外側の一部分を切除する方法(中間法)など鼻翼の張り出し方と、希望に応じて手術方法を選択します。

施術例

鼻翼縮小の施術例

<鼻翼縮小術>

症例写真ブログはこちら

<隆鼻術+鼻尖縮小術+鼻翼縮小術(外側法)>

症例写真ブログはこちら
料金はこちら

よくある質問はこちら

自家組織移植術

自家組織移植術は、主に隆鼻術、アップノーズ(鼻先を上げる)、鼻中隔延長術などで対象になる方法です。
隆鼻術を行いたいけれど、人工物(プロテーゼ)を挿入することに抵抗がある方には、耳介軟骨や肋軟骨のような自分自身の組織を採取して、移植することで、鼻を高くしたり、鼻先を尖らせたり、鼻筋を整える事ができます。

また小さく短い鼻先で悩んでいる方には、ご自身の耳介軟骨や鼻中隔軟骨を採取して鼻尖部や鼻柱部に移植することで、鼻先を下方延長(鼻中隔延長)することができます。

鼻中隔延長(鼻尖延長)

鼻が上向きの方、鼻先が低く鼻先の高さが欲しい方、鼻尖が上にあがっているので下げたい方におススメの治療です。
鼻の穴が正面から見えやすい方は、この手術により鼻の穴が見えにくくなります。

手術方法

鼻中隔延長 鼻中隔皮膚の軟骨に自分自身の軟骨を継ぎ足して長くします。
長くすることで、鼻は下方に延びて鼻の尖端が下を向き、鼻の穴は正面から見えにくくなります。

鼻孔縁下降術

正面からみて、鼻の穴が上方にくびれて、切り込んだようになっている症例に行います。
こういった方は鼻中隔延長で少し改善しますが、大きな変化には至りません。
その場合は、鼻孔縁下降術が適応です。

手術方法

鼻孔縁下降術

写真のように鼻腔内の下げたい部分を切開して、鼻孔縁を下方に移動させます。
そうすると移動した分だけ、鼻孔内の切開した部分が開き、そこに隙間ができます。
その隙間に、耳介軟骨と皮膚を同時に移植(自家複合組織移植)して、隙間が閉じないようにします。
耳介軟骨を採取した部分は縫い縮めますので、傷跡はほとんど分かりません。
キズは鼻孔内だけですので、顔の見える部分に傷跡は一切見えません。

料金はこちら

よくある質問はこちら

鼻骨形成術(鼻骨骨切り術)

ワシ鼻(HumpNose)や全体に太い鼻を細くしたい方には鼻骨形成術が必要となる場合があります。
鼻の形態は大きく分けると、上方1/2は骨(鼻骨)により支えられており、下方1/2は軟骨(鼻翼軟骨・外側鼻軟骨・鼻中隔軟骨)により形づくられています。
したがって、太い鼻・大きなつくりの鼻を細く小さな鼻にしたいといった場合、鼻尖・鼻翼部においては軟骨・軟部組織の形成術(鼻尖形成術・鼻翼縮小術)を、また鼻根部においては鼻骨の形成術(鼻骨骨切り術)を行うことにより、トータルに鼻のシェイプを整えることができます。
鼻骨形成術は鼻内(および皮膚の小切開)よりアプローチし、顔に大きな傷を残しません。
術後は1週間程度の軽固定を行います。

施術例

<隆鼻術+鼻骨形成術>

隆鼻術+鼻骨形成術 モニター体験談紹介中
料金はこちら

【美容専科"きれい"】
テーマ「理想の鼻になるために」
※画像をクリックで動画をご覧いただけます。

【美★曳航】
テーマ「理想の鼻になる方法」
※画像をクリックで動画をご覧いただけます。

【美容情報TV "きれい"】
テーマ「理想の鼻になる方法」
※画像をクリックで動画をご覧いただけます。
クリニックメニュー
0120-14-5620 心斎橋院 06-6252-5650 京橋院 06-6242-5620
© Keiseikai Clinic. All Rights Reserved.