index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

酸素カプセル(心斎橋院のみ)

生命にとって、酸素は無くてはならないものです。人間を含む全ての動物には本来、自然治癒力が備わっています。しかし、現代人は様々な理由から、自然治癒力が低下してきています。酸素カプセルは免疫力の強化に重要な酸素を手軽に補うことのできる施術です。

効果

疲労回復

美肌

ダイエットのサポート

デトックス

ケガの早期治療


酸素カプセルと美容

 人間には60兆個の細胞があります。各々の細胞の中には200〜1000個の、酸素を 使ってエネルギーを作る、ミトコンドリアという器官があります。ミトコンドリアは酸素が不足すると、細胞内で活性酸素を発生させます。
すると、あらゆる老化を引き起こす肌サビが発生します。また、ミトコンドリア自体にもダメージが加わり、弱まってしまいます。
細胞から生まれるエネルギーが少なくなると、肌の活力が低下し、しみ・くすみ・しわ・たるみ・毛穴の開き等、様々な肌トラブルを招いてしまいます。


心斎橋院で使用している酸素カプセル

ご利用時間は30〜60分程ですので、施術の待ち時間や施術後などにお気軽にご利用いただけます。

当院では、日本国際健康気圧協会の認証と、日本ウェルネス協会から推選を受けている、フェニックスO2を使用しています。

成人男性が寝返りをうてる程、広めの造りとなっています。器内で音楽プレーヤーや携帯電話、ゲーム機の使用ができます。

通常の肺呼吸

体内の酸素には、ヘモグロビンと結びついた、結合型酸素とそのまま溶け込んだ溶解型酸素の2種類があります。
通常の肺呼吸では結合型でしか酸素を運べません。
脳や腎臓、肝臓、皮膚は、毛細血管の固まりで、ヘモグロビンよりも細いため、血流が悪くなりやすいのです。

酸素不足を起こした状態

悪い食生活や不摂生が続いたりすると、コレステロールなどの汚れで血管が細くなったり、赤血球同士がくっつきあったりします。
すると、血流が悪くなり、酸素不足を起こします。
酸素は老化、ボケ、等の万病の原因になるといわれています。

酸素カプセルの気圧を上げた状態

酸素カプセルの気圧を上げると酸素がガスとなり血液、体液の中に溶け込み、溶解型酸素が増えます。溶解型酸素は血管が詰まっても、体液などを通って酸素を運ぶことが出来ます。
これにより酸素不足になってしまった全身の細胞に充分に酸素を補給し若返りを促します。


ご利用の際のご注意

当院で使用している酸素カプセルはこどもから大人まで誰でも入ることが可能です。
以下の方は酸素カプセルのご利用をしていただくことはできません。

・ペースメーカー使用者
・妊娠中の方
・乳幼児
・耳抜きの出来ない方(初回カウンセリング時に耳抜きのコツをお教え致します)
・閉所恐怖症の方(器内は窓が沢山あるので、光が沢山入ってきますし、成人男性が寝返りを打てるくらいの広さですので、一度入って確かめてみるのをおすすめします。)
・糖尿病の方(インスリンを頻繁に打っていなければ大丈夫です。それ以外にも、中にチャイムのボタンがありますので、呼んでいただければすぐに対応します。)

ネット予約 メール相談
料金のご案内

よくある質問




どうして酸素が身体に良いのですか?

生命の維持に酸素が欠かせないわけですから、質や量が美容・健康に関わるのは当然のことです。
しかし、現代人は空気の悪い中で生活し、乗り物の発達等で運動不足な上、食生活の乱れによって体内の酸素は不足しています。
特に身体から離れた組織ほど血液の流れが悪くなりやすく、酸素不足が起こりやすいのです。
女性の冷え性、便秘などは酸素不足と言えるかも知れません。

酸素カプセルにはどんな効果がありますか?

良質な酸素を取り入れる事で疲労物質である乳酸を分解・除去し、疲労回復に有効的です。
また、毛細血管の固まりである皮膚にも酸素が行き渡ることによって、肌の張りを保つコラーゲンの合成を促進させ、お肌をきれいにしてくれるのです。
取り入れた酸素は血液中だけでなく、リンパ液などのルートを使い全身に運び込まれるので、身体全体の流れが良くなり、冷えやむくみ、肩こりなどが改善されます。
また、糖分・脂肪分を燃焼させる酸素を取り入れるということはダイエットにも繋がります。
楽に身体を動かせるようになるので、リバウンドの少ない健康的なダイエットが望めます。

酸素カプセルの効果はどれくらいで現れますか?

効果には個人差があります。一般的には週2回を3〜6週程度続けて頂けるとたいていの方は効果を体感できます。
1回の利用でも体感される方もいらっしゃいます。
かなり疲れている方ほど直ぐに効果を実感されています。

酸素を摂り過ぎると活性酸素が増えませんか?

酸素には普通の酸素と活性酸素があります。活性酸素は身体にとって無くなってはいけない物質ですが、増えすぎてしまうと細胞を破壊する有害物質になってしまいます。
その活性酸素が増えすぎてしまう要因に、酸素が不足してしまった場合、高濃度酸素を取り過ぎてしまった場合があると言われています。
酸素濃度が40%を超えるとなんらかのマイナス要因が発生してしまうと言われていますが、酸素カプセルは空気と同じ酸素濃度なので活性酸素の発生を心配する必要はありません。
逆に不規則、不摂生をしている方などは逆に活性酸素の数値が安定してきたというデータも出ています。

なぜ、今酸素がブームなのですか?

現代人のほとんどが酸素不足と言われています。酸素不足の原因は自然破壊や大気汚染、精神的ストレスなどで呼吸が浅くなり、体内に充分な酸素が取り込めないからなのです。
自然の中で深呼吸するとリフレッシュ出来るのは、きれいな酸素が脳や臓器のすみずみにまで行き渡り、脳が自然とリラックスできるからなのです。

酸素カプセルと酸素バーの違いはなんですか?

鼻から吸う酸素は「結合型酸素」と同じです。濃縮された30%前後の濃い酸素を吸うだけなので、ヘモグロビン以上の酸素を体内に取り込むことはできません。
酸素カプセルは、カプセル内を1.3気圧にすることにより「溶解型酸素」を増やします。そのため酸素の摂取量が全く違います。

なぜ、酸素カプセルは高気圧にするのですか?

普通に呼吸しているだけではなかなか取り込めない、溶解型酸素を増やす方法として気圧をかけるシステムが生まれました。
「気体は気圧の高さに比例して液体に溶け込む」という物理の法則を利用したのです。
大気中の空気を30%前後まで高めた酸素カプセルの中で酸素を吸うだけで、通常の体内の酸素量が2倍にも増えます。

ケガが早く治る効果があると聞きましたが?

細胞の再生には大量の酸素を消費しますが、ケガをした患部の細胞は、毛細血管が圧迫されていて酸素不足になっています。
「溶解型酸素」はいくら毛細血管が圧迫されていようと細胞に酸素を送り込むことができるので、治癒期間を大幅に短縮できます。
また、高気圧の状態だと骨が圧縮するので、骨の密度が驚異的にあがります。

なぜ酸素カプセルを利用するスポーツ選手は多いのですか?

酸素カプセルに入ると体内の酸素量が増えるので持久力、スタミナが向上し、集中力も高まります。
また疲労物質の乳酸を通常の1.25倍で分解できるので、練習後や試合後の疲労回復にも有効ですし、もしケガをしてもケガの治癒期間を短くする事ができます。
そしてなにより、大気中にある酸素を取り入れる仕組みのため副作用の恐れが全くないという事が運動選手にとって良いことだと考えています。

酸素カプセルの1回の所要時間はどれくらいですか?

初回は酸素カプセルを有効にご使用いただくために、簡単なカウンセリング及び注意点を説明いたします。
その時間が10〜15分程度かかりますので、初回は45分(30分コースの場合)もしくは75分(60分コースの場合)程お時間をいただけるとごゆっくりしていただけると思います。
2回目以降は説明が無くなりますので、30分もしくは60分程度で終わります。

酸素カプセルがダイエットにいいと聞きましたが?

糖分・脂肪分を燃焼させるには大量の酸素が必要です。酸素カプセルに入ることにより通常の呼吸では不可能な量の酸素を体内に取り込む事ができるので、酸素カプセルから出た後は脂肪が燃焼しやすい状態へと変化しているのです。
また、基礎代謝を高める事ができるので発汗・利尿作用も高まります。
代謝の落ちやすい女性には最適なダイエット方法です。
また、これを継続的に使用することにより、酸素を摂取しやすい、太りにくい体質へと変化していくので、リバウンドの少ない健康的なダイエットが可能となるのです。

耳抜きが出来ないと受けられないのですか?

酸素カプセルの利用時には気圧が高まりますので、飛行機を利用した時のように、鼓膜があっぱくされます。
通常耳抜きをしたり、唾を飲んだり、あくびをすれば解消されます。
耳抜きの出来ない方は、気圧を一度下げることにより解消されますのでご安心下さい。
飛行機が苦手というお客様も多くの方が体験なさっています。初回カウンセリング時に、簡単な耳抜きのコツをお教え致します。

酸素カプセルは安全ですか?副作用はありませんか?

安全です。ご自身で出入りすることが可能なので閉じ込められたりすることはありません。
また、大気中の空気を使用しているので、爆発や酸素中毒の恐れもなく、副作用の恐れも全くありません。

ネット予約 メール相談