ドクター・スタッフコラム

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

宮里院長

執筆ドクター

宮里院長

プロフィールを見る

今回は「目頭切開」についてお話したいと思います。
一人ひとり目の形・位置・状態は異なりますので、「目をできるだけ大きく見えるようにしたい」という症例に対して行う手術がいくつかあります。まずは、それらの手術の解説をしたいと思います。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

目の大きくする手術

眼瞼下垂

眼瞼下垂手術は、一重や奥二重、あるいは上まぶたのたるみによって皮膚が垂れ下がっている症例に対し、目の見開きを改善し、大きくパッチリとした目元にするために行う手術です。まぶたの垂れ下がりによって視野が狭くなり、日常生活に支障をきたす場合や、上まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋という筋肉の発育不全による先天性の症状である場合などは、症状改善のための手術を保険適用で受けることが可能ですが、審美的な目的で手術を希望される場合は自費手術となります。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

下眼瞼開大術(垂れ目形成)

下眼瞼開大術は、別名グラマラスラインとも呼ばれる手術で、下まぶたの縁を引き下げることによって、白目と黒目の露出を大きくし、特に外側半分の下まぶたを下げて丸いカーブにすることで、外側の白目の露出が大きくなり、タレ目の印象になることから「タレ目形成術」とも呼ばれ、目を大きく、優しい印象に見せる効果があります。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

目頭切開

目頭切開術は、蒙古ひだによって涙丘が隠れている症例で、目と目の間の距離が長い印象のある方に適応となる手術です。末広型の二重は平行型に近づき、目の横幅が長くなることで目が大きく見えるようになります。

目を全体的に大きくしたい希望の方には、眼瞼下垂手術や二重切開術に組み合わせて、目頭切開術と下眼瞼開大術を行うこともありますが、これら目を大きく見せるための手術のうち、当院では目尻切開術だけは行っておりません。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

目尻切開とは?

目尻切開術とは、目の横幅を外側水平方向に延長して目を大きくする手術ですが、どれくらい延長できるかは目尻の円蓋部で隠れている白目の量がどのくらいあるかによって異なります。隠れている白目の量以上には延長できないため、解剖学的要因の限界があります。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

計測上では何ミリという延長効果があったとしても、なかなか見た目で満足できるほどの効果の期待が難しいことが、当院がこの手術を行わない理由に挙げられます。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

外科手術を行う上では、まずその手術がもたらすメリットとデメリットについて考えなければなりません。言うまでもないことですが、手術を行うことのメリットが、デメリットをはるかに上回る結果が予測できないのであれば手術を計画するわけにはいきません。ましてや美容クリニックで行う外科手術の多くは、健康や生命に関わる疾病を治療するためのものではなく、あくまで審美上の目的として行うものであるため尚更です。

目尻切開術におけるメリットが、目の横幅が大きく、あるいは長くなるという術後の変化であるなら、手術によって残る傷痕がデメリットになりますが、目尻切開をしても変化が大して実感できず、傷痕だけが残ってしまったと感じる結果なら、より美しくなるために行う手術として選択する意義が全く見いだせないため、それなら最初からしないほうがいいと思われる方が多いのではないかと思います。

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

適切な目もとの手術を

恵聖会クリニックが目尻切開を行わない理由

数ある美容外科クリニックの中には、目尻切開術を得意手術としてアピールしているクリニックもあるかと思います。実際当院では、そういったクリニックで手術を受けられた患者様の術後の経過を診察させて頂く機会がこれまでに幾度とあり、手術を受けられたクリニックではなく、当院へ経過の相談に来られるのには、手術の効果に満足が行かず、あるいは残ってしまった傷痕をなんとか修正できないかという悩みを抱えて来院される場合が多いのです。目尻切開手術の結果は、目の横幅の外側水平方向への延長というより、下まぶたの外眼角靭帯を切断することによって、下眼瞼縁が垂れ下がり、ごくわずかに生じたタレ目効果が若干見受けられるに過ぎないという印象を受けることがほとんどです。

患者様の中には、目尻切開術と下眼瞼開大術(タレ目形成)を混同しておられる方も多いので、2つの術式はまず目的から異なるものであるということを理解した上で、是非注意して頂きたいと思います。もし、貴方がタレ目形成をしたいなら、目尻切開術ではなく、しっかりと効果のあらわれる下眼瞼開大術を行うべきです。

自分のなりたい目元に適応となる手術はどんな手術なのか、信頼のおけるクリニックでしっかりと相談し、迷ったらセカンドオピニオンを求めることが大切です。切除手術は元には戻せません。カウンセリングで自分のイメージと医師のイメージがしっかり共有できたか、納得がいくまで説明を求め、必要であれば複数のクリニックを訪れ、もっとも信頼がおける医師を選択することも大切でしょう。

このページをいいね!
と思ったら・・・

その他のドクター・スタッフコラム

ドクター・スタッフ