ドクター・スタッフコラム

QOLの向上に貢献できることがやりがい

天木医師

執筆ドクター

天木医師

プロフィールを見る
QOLの向上に貢献できることがやりがい

緻密で巧妙な手技に魅せられる

恵聖会クリニックのドクター天木です。
私は、総合病院で内科、外科、麻酔科、救命救急などの経験を積んできました。
そんな私が形成外科や美容外科の道に進むきっかけは、形成外科医のオペでした。
ある時に顔面外傷の患者さんが病院に運ばれてきました。治療は形成外科の先生がされたのですが、その緻密で巧妙な手技に驚かされました。
と同時に、見た目を良くする医療というのはとても意義深いものだと改めて感じたのです。
その患者さんにとっては一生背負わなければならない傷になってしまうからです。

美容医療は日進月歩ならぬ分進秒歩

形成外科の手技に魅せられることから始まる美容医療への関わりですが、美容医療の進歩の速度やそれに合わせるかのように変化する患者さんのニーズということでも他科にはない特徴であり、やりがいを感じました。
一方で、千差万別ある美容医療の中から、きちんと医学的根拠のある医療やその患者さんのニーズに合った治療方法を選択していくことの大変さ、美容医療は病気やケガと違い「治療しなければならない」ものではありませんので、施術を受けることでの効果や持続期間、リスクや合併症、費用面などもきちんとご説明した上で、患者さんに納得して施術を受けていただくことの大切さということも肝に銘じて取り組んでいます。

QOLの向上に貢献できることがやりがい

QOLの向上に貢献していきたい

美容医療は「しなければならない」治療ではありませんが、受けることによって得られるQOL(Quality Of Life=人生や生活の向上)に寄与できる医療です。女性には女性ならではの悩みやこだわりがある中で、同じ女性として一緒に悩み、治療後の変化にも一緒に喜び、患者さんと信頼関係を築きながら、QOLの向上に役立ちたいと考えています。

このページをいいね!
と思ったら・・・

その他のドクター・スタッフコラム

ドクター・スタッフ