ドクター・スタッフブログ

天木医師ブログ

光で肌を洗うって?その②

天木医師

著者

天木医師

プロフィールを見る

恵聖会クリニック天木です。

レーザーと光治療の違いを理解していただくべく、波長だの、パルス幅だの、難しい言葉を並べ立てた前回のブログをじっと我慢して読んでくださった、皆様。

まだ読んでないよ❗という方のために👇🏻🤓

前回のブログはこちらから

今回は、いよいよ、レーザーと光治療の違いを、理解していただいた波長とパルス幅を絡めて説明いたします。

今回も長くなりますが、あしからず。

あなたが求める治療がどちらなのか、ブログを読み終わる頃には、はっきりしますよ😉✌🏻
(きっと🙄)

まずは、レーザーのお話

レーザーが単波長であることはお話したとおりです。つまり、レーザーはその医療機器によって、出される波長が一つだけなのです。
当院にある

は、Qスイッチルビーレーザーが694nm、QスイッチYAGレーザーが532nmといずれも短い単波長で、これらの波長は表皮のメラニン色素に非常によく反応します。しかも、パルス幅が短いため、熱が周囲に広がりにくく、短い時間に一気に色素に反応するので早い話、狙い撃ちして、狙った獲物(メラニン色素)を確実にやっつける治療に適しています🔫(ドキュンと一発😆)

光治療のお話

光治療器からは、メラニン色素に反応する波長はもちろん、赤みに反応する波長、皮膚の深いところに作用してコラーゲン増生を促したり、皮膚のターンオーバーを促すことで古い角質を取り除く作用のあるような長い波長というように、複数の波長が出されます。

しかし、パルス幅はレーザーと違って長いです。長い時間をかけて複数波長がだされるために、ほわ~んとゆっくり穏やかに治療する、というイメージです♨️(ゆっくりあったまって、癒されよっ😌)。

上記の2つのお話を、それでは、それぞれのメリット、デメリット、あるいは強み、弱点という観点から見てみましょう。

レーザーのメリット、デメリット(強み、弱点)

周囲に熱が伝わりにくく、狙った獲物を確実に仕留めるレーザー治療は、1回で効果を確実な効果を出したいシミ治療に最適です。

しかし、周囲に損傷を与えず、シミだけに威力を集中させているため、治療後は治療部位を十分にいたわってあげることが重要です。
具体的には、茶色い医療用のテープを2週間張りっぱなしにし、その上から外用剤を優しく塗ってあげるのです。
いわゆる、ダウンタイムあり、というやつです😫
ダウンタイムあり、というデメリットと引き換えに、切れ味の良い治療をのぞむかどうするか、ですね🔪✨

光治療のメリット、デメリット(強み、弱点)

ダウンタイムがない❗️のが光治療の嬉しいところです。ダウンタイムがなく、一回で得られる効果は、例えばシミだけに目を向けると、一発で獲物を仕留めるレーザ治療と比べると変化が少ないですが、複数波長が同時に、しかも長いパルス幅で穏やかに作用するために、赤みの改善、毛穴の引き締めやお肌のハリ感といった効果も実感できるのが、レーザー治療では叶えられないメリットです。

光で肌を洗う

さて。
2回に渡って、くどくどと説明してきた、レーザー、光治療、波長、パルス幅、、、、、。いよいよ、タイトルの、光で肌を洗うって? のお話。


某美容雑誌でも、受けたい美容医療の堂々1位をとった、もはや全国区的な人気の治療である、

光で肌を洗う✨はこのm22のキャッチコピーであることは前回お話しましたね。

光治療ではダウンタイムの心配をすることがないものの、一回で得られる効果は穏やです。
しかし、繰り返し光治療を受けていくごとに、お肌を覆っていたシミ、くすみ、小じわ、全体のスキントーンが、まさに一枚一枚、お肌にかかったベールをはがしていくように、改善されていく様子を、光で肌を洗う✨と表現したのですね。うまいこというなあ。

光治療器は世の中に数多くあれど、このm22が受けたい美容医療1位を獲得するにはわけがあります。
それは、世の光治療器の中でもダントツにハイクオリティ、オールラウンドでありながら、オーダーメイド的な治療ができるから、なんですね。
えらくカタカナばかりが並んで舌がもつれそうですが😫、日本語にすると、非常に高品質、高機能で、治療できる症状が多岐にわたるのに、それぞれの症状や個人差にあわせて繊細な治療ができる、となります。はい😊

なんだか、ほめ殺しみたいですけど、なぜそんなことができるかというと、複数波長がでる光治療器でありながら、実に5種類の波長をカットできるカットフィルターがそなわっていることで、じんわーりと複数波長が同時にでる、いわゆる従来の光治療器のメリットに加え、患者様のお悩みに応じて、シミに重点を置いたり、赤みの治療を優先できたり、はたまた、小じわやたるみに対応したり、ということができちゃうんですよー😆笑

光で肌を洗うって?その②

あ、でも、シミに重点をおくとはいいましたが、シミに関しては、やはり一発狙い撃ちドキューン🔫の、シミ治療の伝家の宝刀、Qスイッチルビーレーザー&QスイッチYAGレーザーの切れ味にはかないませんよ。そこは、なぜなのか、もう、お勉強したからおわかりですね😉

そろそろ終わりにしましょう。

明日にでも恵聖会クリニックにいって、✨光で肌あらおっかなぁ~✨と思ってらっしゃるそこのあなた。以下の但し書きをお読みの上で、お越しくださいね。

治療に適した時期
非常に強く日焼けした後は、しばらく期間を置いていただいています😞

既往歴や現在治療中のご病気がある方
・てんかん
・光線過敏症
・ケロイド体質といわれたことがある方
上記の既往歴がある方は治療をお受けいただけません😞

また、現在内服している、あるいは最近まで内服していたお薬によっては、治療をお受けいただけない、もしくはしばらく期間をおいていただくことがあります。

詳しくは、当院の医師にご相談ください。

このページをいいね!
と思ったら・・・

天木医師のブログ

ドクター・スタッフブログ

  • 覚悟の瞬間
  • メディカルアートメイク
  • 春の美肌&ダイエット特集
  • オリジナルカクテル注射・点滴
  • 医療レーザー脱毛
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • ビビーブ
  • ブライダルエステ
  • モニター募集
  • スタッフ募集
  • メルマガ登録
  • ドクターズコスメ・サプリメント 公式オンラインショップ