ドクター・スタッフブログ

過去ブログ

上眼瞼のたるみの治療戦略

入店時にマスクの着用を求められる商業施設が多く、マスクがこの世の通行証の様になっている昨今、如何お過ごしでしょうか。
マスクをする機会が増えれば目元が気になってくることも多いでしょう。

上眼瞼の皮膚は加齢に伴ってたるんできます。これが進行すると、たるんだ皮膚が簾の如く眼前に被さってきて視野を妨げる様になります。これを皮膚弛緩性眼瞼下垂などといいます。

皮膚弛緩性眼瞼下垂の説明図と余剰皮膚を切除する図

今回は上眼瞼のたるみに対する治療法を紹介します。

(1)上眼瞼形成術/上眼瞼除皺術

上眼瞼形成術の切除部分を示す図

重瞼線の上方の皮膚を切除し、同時に重瞼形成を行います。
眉下切開と特に区別したいときは「重瞼線アプローチの上眼瞼除皺術」ということもあります。

傷は概ね重瞼線に沿ったものになりますが、目尻側に重瞼線に隠れない部分ができます。

(2)眉下切開/眉下リフト

眉下切開の切除部分を示す図

眉の下の皮膚を切除します。傷は眉の下にできます。
生来の重瞼が気に入っていてこれに手を付けたくない場合に適しています。

(3)埋没式重瞼術

高い位置で重瞼を作ることにより、重瞼線の上と下でたるみを分け合い、症状を緩和できることがあります。

ただ、重瞼線と睫毛縁の間の皮膚がたるんで不自然になることがあります。また、この部の皮膚が睫毛に乗ってこれを押し下げ、睫毛内反の様な状態になってしまうこともあります。

高い位置で重瞼を作ることにより重瞼線と睫毛縁の間の皮膚がたるんで不自然になる場合を示す図

皮膚が余っているのであれば皮膚を切除するのが本筋ですが、どうしてもダウンタイムがとれないなどの事情がある場合は、埋没法しか選択肢がありません。埋没法は後戻りすることもありますし、時間の経過とともにたるみも増えていきます。あくまで一時凌ぎの手段と考えるべきでしょう。

これらの選択肢を、個々の症例に応じて、単独で又は組み合わせて、どう治療するかを考えます。

例えば眼瞼下垂の初回手術でたるみを取り切れなかったとき、次の手術をどうするか――傷を出来るだけ増やしたくないなら重瞼線アプローチですが、追加で余剰皮膚を切除した結果、睫毛縁から遠い厚い皮膚が重瞼線の上に来てしまう様なら眉下切開を考慮すべきです。

一度姑息的に埋没法でたるみをたくし上げたものの、やはり満足できず除皺術をするというケースではどうするか――かなり広めの幅で埋没法をしている場合は埋没糸を除去して自然な重瞼を形成すべく重瞼線アプローチを選択すべきでしょうが、埋没法で作成した重瞼が気に入っているなら眉下切開も考えられます。

たるみの具合や、本来の意味での眼瞼下垂(腱膜性眼瞼下垂)の有無など、考慮すべきポイントは多くあります。気になった方は相談にいらして下さい。

このページをいいね!
と思ったら・・・

過去のブログ

ドクター・スタッフブログ

  • 覚悟の瞬間
  • メディカルアートメイク
  • 夏肌リセット&エイジングケア特集
  • オリジナルカクテル注射・点滴
  • 医療レーザー脱毛
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • ビビーブ
  • ブライダルエステ
  • モニター募集
  • スタッフ募集
  • メルマガ登録
  • ドクターズコスメ・サプリメント 公式オンラインショップ