ドクター・スタッフブログ

唐澤医師ブログ

眼瞼下垂と重瞼術

唐澤医師

著者

唐澤医師

プロフィールを見る

「貴方は眼瞼下垂だから埋没法はできません」

そう他院で言われ、当院に重瞼術の相談に来る方がしばしばいらっしゃいます。また、重瞼術を希望されて当院を受診された方に同様の指摘をして眼瞼下垂手術を勧めざるを得ないこともあります。

果たして眼瞼下垂があると重瞼術は出来ないのでしょうか。

予め申し上げますが、ここで私は「眼瞼下垂があっても埋没法で十分希望にそえます」などと無責任極まりないことを述べて偽りの安心を読者にもたらす心算はないし、ごく軽度の眼瞼下垂に対してまで無闇矢鱈と挙筋前転術を勧める気もありません。

そもそも重瞼とは何かというところから枝葉を捨象して出来るだけ簡潔にまとめ、普段のカウンセリングではごく簡単な説明に終始しがちな、重瞼術が出来る理由或は出来ない理由について、眼瞼下垂症を例として若干の補足をすることが、今回の目的です。宜しければ御一読下さい。

重瞼とは

重瞼とは、(1)開瞼したときに、(2)適当なところで上眼瞼の皮膚が奥に引き込まれ、(3)その上に組織が被さることで出来るくびれをいいます。

健常な重瞼の目の開閉のイラスト画像

上記の一文に付した(1)~(3)が重瞼の条件であり、どれが缺けても綺麗な重瞼にはなりません。

たとえば重度の眼瞼下垂があり、目が十分に開かない状態では当然重瞼になりません((1)が満たされない)。

また、中等度以上の眼瞼下垂があるなどして前頭筋を用いて開瞼している様な状態の場合は、本来重瞼線に被さるべき上部の組織が前頭筋の収縮に伴って上方に引き上げられてしまい、重瞼が出来ないか、或はごく浅い重瞼にしかなりません((3)を満足しない)。

眼瞼下垂の目を開いた状態のイラスト画像

重瞼術は、切開法にせよ埋没法にせよ、開瞼時に皮膚が折りたたまれる様にする((2)を達成する)手術であるため、ほかの条件が缺けることが明らかな場合は、「出来ない」という説明をすることになります。

他方、軽度乃至中等度の眼瞼下垂があっても(1)と(3)が成就されるならば埋没法だけで対応可能なこともあります。そういう場合は重瞼線の上の組織量を確保する((3)を満たす)ために控えめの重瞼高を提案することが多いですが、それが不満な場合はやはり眼瞼下垂手術をするべきかもしれません。



重瞼術の可否を考えるときには、その手術によって上記の(1)~(3)を満足出来るかどうかを考えることが重要です。

今回は問題を眼瞼下垂症に絞りましたが、痩せていて目が凹んでいる場合なども(3)を満足することが難しいため、重瞼術のみでは対応出来ないことがあります。

眼瞼下垂の手術(挙筋前転法)は、開瞼に必要な挙筋機能を回復して目を開きやすくする手術です。挙筋群の力で十分な開瞼が得られれば、開瞼時に前頭筋を使う必要がなくなるため、重瞼線の上被さるべき組織が上方に引き上げられることがなくなります((3)が満たされる)。

開瞼機能と重瞼には密接な関係があるため、希望の重瞼を達成するためには単なる重瞼術のみでは不足のこともあるのです。

御参考になれば幸いです。

このページをいいね!
と思ったら・・・

唐澤医師のブログ

ドクター・スタッフブログ

  • 覚悟の瞬間
  • メディカルアートメイク
  • 夏の痩身&ワキガ・多汗症特集
  • オリジナルカクテル注射・点滴
  • 医療レーザー脱毛
  • ナチュラルホルモン補充療法
  • ビビーブ
  • ブライダルエステ
  • モニター募集
  • スタッフ募集
  • メルマガ登録
  • ドクターズコスメ・サプリメント 公式オンラインショップ