メドライト

メドライトによるレーザートーニングは、これまで治りにくいとされてきた"肝斑"に対して効果が期待できる治療方法です。
肝斑以外のシミやくすみ、色ムラにも効果的で、明るい透明感のあるお肌へ導きます。

レーザートーニングは、QスイッチYAGレーザー「 MedLite C6 (メドライト) 」という機械による治療として注目されています。
肝斑以外にも毛穴の引き締めや、くすみにも効果的で多くの方が、その効果を実感しています。当院は、レーザートーニング認定クリニックです。

あなたのシミのタイプは?

シミにも様々な種類があり、その種類によっても治療方法が異なります。
気になるシミのタイプを知り、それに応じて適切な治療を行うことが大切です。

メドライト,レーザー,肝斑,恵聖会
タイプ 特徴と治療
肝斑

特徴

境目のはっきりしない褐色のシミ。ホホ骨からホホにかけて左右対称にできることが多い。

治療

・レーザートーニング
・内服薬(トラネキサム酸・ビタミンCなど)
・イオン導入(トラネキサム酸・ビタミンC)
老人性色素斑

特徴

紫外線による老化が原因でできる境目がはっきりとした褐色のシミ。

治療

・QスイッチYAGレーザー
・Qスイッチルビーレーザー
・CO2レーザー
・フォトフェイシャル
雀卵斑(そばかす)

特徴

鼻をまたいで両ホホにできる小さな褐色の色素斑。
遺伝性で青年期よりみられる。

治療

・QスイッチYAGレーザー
・Qスイッチルビーレーザー
・フォトフェイシャル
炎症後色素沈着

特徴

すり傷の痕など、炎症が原因でできるシミのような状態。

治療

・レーザートーニング
・内服薬(トラネキサム酸・ビタミンCなど)
・外用薬(ハイドロキノン)
・イオン導入(トラネキサム酸・ビタミンC)
ADM(後天性メラノサイトーシス)

特徴

境目がはっきりしない、やや灰青色がかった褐色の色素斑。

治療

・QスイッチYAGレーザー
・Qスイッチルビーレーザー

肝斑とは?

肝斑とは、境目のはっきりしない褐色のシミで、両ホホ骨からホホにかけて左右対称にできることが多く、妊娠や出産、  経口避妊薬(ピル)の服用などをきっかけに、ホルモンバランスが崩れることにより現れると言われています。
紫外線、不適切なクレンジングやマッサージなどの刺激によって悪化することもあります。

治療方法

肝斑の場合、これまでの治療方法として

①トラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬
②イオン導入
③ハイドロキノンなど

美白成分の入った外用薬が主流でした。
これらの治療で効果を実感するまでは一般的に数カ月はかかります。
また、効果を実感しても、過度な摩擦(洗顔やマッサージなど)や体調の変化などで肝斑が再度あらわれたり、悪化することもあります。

肝斑はシミの一種ですが、レーザー治療などは効果が無く、逆に症状を悪化させることがあります。
そのためこれまでは肝斑に対するレーザー治療は禁忌とされてきました。

このような、治りにくいとされてきた肝斑にも効果が期待できる治療方法がメドライトによるレーザートーニングです。

レーザートーニングとは?

メドライトによるレーザートーニングは、肝斑だけでなくシミやくすみ、色ムラにも効果的で、明るい透明感のあるお肌へと導きます。
また、毛穴の開きにも有効で、肌のキメも整えます。

※こんな症状が気になる方にお勧めです
・肝斑
・シミ・くすみ
・色素沈着
・毛穴の開き

レーザートーニングは「メドライト」という医療用QスイッチYAGレーザーを使用します。
施術中はパチパチとした刺激が多少ある程度で、我慢できないほどの強い痛みはありません。
施術直後より、洗顔・メイクも可能です。
回数を重ねるごとに、蓄積されたメラニンを少しずつ減らしていきます。

肝斑は少しの刺激でメラノサイトが活性化しやすい状態ですが、レーザートーニングは、広範囲に弱いパワーでレーザーを照射するため、刺激が少なく、メラノサイトを活性化させません。
そのため、肝斑にも効果が期待できる治療と言えます。

治療の流れ

▼カウンセリング
シミにも様々な種類があり、その種類によっても治療方法が異なります。
気になるシミを診察のうえ、適切な治療方法をご説明致します。

▼プレトリートメント
治療を始められる前に、まずは1ヶ月内服薬(トラネキサム酸・ビタミンCなど)を服用して頂きます。
※当院の患者様で、既に1ヶ月以上服用して頂いている方は、すぐ治療を受けて頂けます

▼レーザートーニング(第1回目)
お顔全体の照射で約10分ほどです。
施術中はパチパチとした刺激が多少ある程度で、我慢できないほどの強い痛みはありません。
また、多少赤みが出る方もいらっしゃいますが、洗顔・メイクは施術直後より可能です。

▼レーザートーニング(第2回目以降)
1回目の照射から1~2週間後に、第2回目の照射となります。
お肌の状態にもよりますが、通常5回程度を目安に治療を受けて頂きます。

料金はこちら

ホームケア

当院では、肝斑に効果的な美白成分「トラネキサム酸」配合のホームケアをお取り扱いしております。
ホームケアとして、治療と併用してお使い頂くとより効果的です。

■ナビジョン TAローション
■ナビジョン TAエマルジョン
■ナビジョン TAクリーム
■ナビジョン TAマスクエフェクト(5枚入り)
料金はこちら
クリニックメニュー
0120-14-5620 心斎橋院 06-6252-5650 京橋院 06-6242-5620
© Keiseikai Clinic. All Rights Reserved.