あざ・タトゥー・刺青除去

タトゥー・刺青は入れるときも、決して簡単ではないし安いものではありません。ただ、消すときはその何倍もの苦労と医学的技術が必要です。また、色・濃さ・サイズ・入れた箇所により、消し方は異なります。
また、アザもメラニンの沈着している深さや量によって色や濃さの種類がいろいろあります。
比較的浅いところにメラニンが沈着しているものは茶色く見え(扁平母斑など)、深いところにあれば青く見えます(太田母斑)。

当院のあざ・タトゥー・刺青除去方法は、下記の3種類です。
「ピコレーザー」
「QスイッチYAG・ルビーレーザー」
「切除法」

【新導入】ピコレーザー

ピコレーザー ピコウェイ picoway  シネロン・キャンデラ社製の最新型ピコレーザー PicoWay(ピコウェイ)を新規導入しました。
 従来のQスイッチYag/ルビーレーザーがナノレーザーと呼ばれるのに対して、ピコレーザー PicoWay(ピコウェイ)は、その名の通り、ピコ秒パルスレーザーです。Qスイッチレーザーによる治療は、ナノ秒(1億分の1秒)でのパルス幅レーザー照射であるのに対し、ピコレーザーはナノの1,000分の1の単位、ピコ秒(1兆分の1秒)での照射が可能で、熱が拡散する時間よりパルス幅が短いため、照射範囲に熱影響が広がる前に治療が終了し、皮膚組織へのダメージを最小限に抑えることができるので、痛みやダウンタイムはより短く、スピーディーに治療できるようになりました。

 PicoWay(ピコウェイ)は、FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けたピコレーザーです。532nm、1064nmの2種類の波長に加え、785nmの波長での照射も可能で、治療が難しかった緑・青の色調を含む多色のタトゥー・刺青除去に対しても高い効果を発揮するようになった次世代ピコレーザーです。

こんな方におススメ

1.早く消したい
  • 結婚や就職を控えている
  • 公衆浴場の入場を断られる
  • 子育てに支障がある
2.キレイに消したい
  • 切除するしかないと言われた
  • 傷跡を残したくない
  • 色ムラが残っている
3.痛みなく消したい
  • 以前に受けた治療は痛くて途中で止めた
  • 手術による痛みやダウンタイムが心配
4.安く消したい
  • あまりコストをかけたくない
  • タトゥー・刺青除法は費用が高いため諦めたことがある
施術例
ピコレーザー ピコウェイ picoway ピコレーザー ピコウェイ picoway 「ピコウェイ」の詳細はコチラ

料金はこちら

QスイッチYAGレーザー&Qスイッチルビーレーザー

タトゥー・アートメイクについては、皮膚の浅い部分に入ったものでは、1~2回のレーザー照射で取り除くことができます。色素が多いものは完全に消えるまでは、回数が多くかかる場合もあります。
また、色によっても、黒・茶・青などの色はよく反応しますが、赤・緑など明るい色は消えにくいものもあります。
また、茶アザや青アザにはQスイッチYAGレーザーと、Qスイッチルビーレーザーによる治療が最も有効とされています。

QスイッチYAGレーザー Qスイッチルビーレーザー

治療例

<しみ>

QスイッチYAGレーザーのしみ治療例
料金はこちら
タトゥーアートメイクデザイン タトゥーアートメイク切除 タトゥーアートメイク縫合 タトゥーアートメイク
デザインをします。 デザインに沿って、切除します。 周囲の皮膚を引きながら、縫合していきます。 第一回目の施術が終わりです。
タトゥーアートメイクデザイン タトゥーアートメイク切除 タトゥーアートメイク縫合 タトゥーアートメイク
皮膚が伸びたら、デザインをします。 デザインに沿って、切除します。 周囲の皮膚を引きながら、縫合していきます。 しばらくすると跡がきれいになくなります。
症例写真ブログはこちら
料金はこちら
クリニックメニュー
0120-14-5620 心斎橋院 06-6252-5650 京橋院 06-6242-5620
© Keiseikai Clinic. All Rights Reserved.